トップ

20過ぎるまでがんばれませんでした
by erole_erole
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
関連リンク集
最新のトラックバック
敷金
from 俺のうしろ姿でないてね
天罰?
from ニュースにツッコむblog
無料メールポータルサービ..
from 無料インターネットサービス日記
神を呪った女性、睡眠中に死亡
from (・ω・)
【ケニヤ】神を呪った女性..
from usocha
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「自由」の在り方

日本では憲法により「表現の自由」が保障されています。


第二十一条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。


これを根拠に、青環法だの児ポ法改正だのに反対する動きが出たり、様々な市民団体が生まれたり、ネット上で右翼と左翼が程度の低い罵り合いをしたり、「ゲーム脳の恐怖」なんて嘘つき本が大ヒットしたり(?)している、微笑ましい国がここ日本です。
一方で世界には、「表現の自由」など認めない国があるようです。


観光客に「ナチス式敬礼」をした女性2人、逮捕される


ザクセンハウゼン強制収容所跡博物館に向かう観光客らに、「ネオナチの歌」を歌い、「ナチス式敬礼」をしたドイツ人女性2人が逮捕された。


逮捕された18歳と19歳の女性2人は現在当局に身柄を拘束されており、事件発生当時は飲酒状態だったという。ドイツではナチスのマーク、およびその思想を表現することが法律で固く禁じられている。


独裁体制を思わせる? クリスマスの装飾に苦情


星の印は何ということのないクリスマスの幸運のシンボルとして受け入れられているが、それが東欧で、しかも赤色だった場合は事情が異なる。


イストヴァン・ハムザさんは、ソンバトヘイにあるレコード店のデコレーションが、何十年も続いた独裁政権時代のシンボルとして法で禁止されている共産主義の赤い星に似すぎているという苦情を警察に訴えた。


このように、ドイツとハンガリーでは、過去の嫌な記憶を呼び覚ますような言動や物を、法律によって禁じているそうです。
他にもこのような国はたくさん存在していることでしょう。現在独裁政権下の国は当然のこと、民主政治を行っている国でもある程度の規制を敷いていることが多いのかもしれません。それとも、この例が特殊なのか、私は知りませんが。


表現の自由を保障したため、日本は個人主義が増長していきました。
あるいは、それでいいのかもしれません。民意がまとまらないということは、独裁者が出現しにくいということですから。
軍事クーデターの類はともかく、ヒトラーのように正当な手段で独裁者となるためには、民意をまとめなければなりません。共産主義国家では、政府が強力な統治力を持つことが国家成立の前提のため、強力な言論統制がなされています。


表現の自由を憲法で保障している日本なら、そういうことは起こりにくいでしょうね。
今回自民党が衆議院議席数の三分の二に届きそうな数を獲得したのには驚きましたけど。


表現の自由を尊重しすぎたためにはっちゃけた国になってしまった日本、過去との決別のため国歌の一番を歌うことが法律で禁じられているドイツ。
どちらが正しいのでしょうか。


[PR]
by erole_erole | 2005-12-21 16:33 | ニュース
<< 苦情対応の模範 | 日本人のメリークリスマス >>