トップ

20過ぎるまでがんばれませんでした
by erole_erole
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
関連リンク集
最新のトラックバック
敷金
from 俺のうしろ姿でないてね
天罰?
from ニュースにツッコむblog
無料メールポータルサービ..
from 無料インターネットサービス日記
神を呪った女性、睡眠中に死亡
from (・ω・)
【ケニヤ】神を呪った女性..
from usocha
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
さっさと引越し

昨日、大学へ通うための部屋探しに行ってきました。私が入学することになったのは、関東地方の四流…いや、入学前からそんな悪口を言っていては始まらない…三流の国立大学です。試験の前日、ホテルで朝生を見ていたために勉強不足どころか寝不足で、実際試験の出来も悪く「あー落ちたな」と思っていましたが、なぜか受かってしまいました。合格通知書が送られてきてもなんの感動もなかった大学に、なぜ入ることを決めたのか、さっぱり分かりません。





京都と違い、こちらは日帰りできるほど近くないのですが、無理やり日帰りで部屋探しをすることに。
近所の駅で5:58の電車に乗り、向こうの駅に着いたのが11時頃。まず生協で案内をしてもらうため大学に行きます。バスに乗って大学前まで行くと、ものすごい人の数。といっても学生や新入生の集団ではなく、不動産会社のバイトやアパートの管理人の列です。「ものすごい」とは、確かに誇張ですが、二、三十人くらいでしたか。もちろん新入生にアパートの勧誘をするのが目的ですが、これがなかなかしつこい。チラシ配りがこの数いるだけでも圧倒されてしまうのに、一人一人が執念深くアピールしてきます。中には大学構内までついてきちゃう人まで。「構内での勧誘・営業行為は禁止されています」なんて看板を持っている人がいるくらいです。そんなこと当たり前だろうに。


私から見ると、なんでこんな無意味なことをこぞってするのか理解できません。逆効果だと思うのですが。少なくとも私は、こんな迷惑な連中のアパートに入ろうとは思いません。意地でも入りません。
そりゃ競争が激しいのは分かります。生協で賃貸アパートの一覧を見せてもらいましたが、そのファイルがものすごくぶ厚い。こりゃ供給過多ですよ。しかし、それなら家賃の安さや、物件の良さで勝負すべきであって、大学前で待ち伏せすれば入居者が増えるってもんじゃないでしょう。


さて、私も愚かなことに大学前を移動拠点にしてしまったため、何度も何度も同じ人から勧誘を受けました。まず大学に入るときに。出るときに。昼食を食べて、とある不動産屋との待ち合わせのときに。不動産屋に大学前に送ってもらったときに。以上計四回でした。明らかに部屋を探していると分かるためか、最後の不動産屋の車から降りてきたときがひどかったです。囲まれましたもん。ちょっとした悪徳商法ですよ、これ・・・。


その、送り迎えしてもらった不動産屋さんの物件は「保留」ということにしてもらいましたが、やはり断るのは難しいですね。その不動産屋さんは新人さんだったので、部屋を見せるだけで特に営業活動もしなかったので比較的断りやすかったのですが、やはり「部屋の中まで見せてもらって(さらに送迎までしてもらって)、これで断るのは悪いよなあ」という気分になってしまうものです。しかしここで油断すると、変な部屋に住み続けなければいけなくなるので、慎重にやらなければ。(テレビ等の影響で、人間不信になっている一面もあるかもしれません)


次の候補地には歩いて向かいましたが、そこの大家のおじいさんは商売上手でした。次々と部屋の説明をやってのけて、ついに成約してしまいました。
やっぱり断りづらいです…。いや、実際この物件はかなり気に入ったので即答したのですが、もしそうでなくとも、断りきれずに入居してしまったかもしれません。相手が不動産屋でなく、ただのおじいさんというのが厳しいです。不動産屋相手なら「送迎云々は仕事なんだからいいだろう」と思えますが、おじいさん相手だと「わざわざ部屋を紹介してもらって、その上断ったら悪いなあ…」となってしまいます。よく考えたらおじいさんでも基本的にアパート管理以外の仕事はしていないので、不動産屋と同じなんですが、なにか恐怖に近いものを感じていました。相手が企業なら(何かされても)文句が言えるが、個人相手だと…うう、ブルブル。
まあ気に入ったからいいんですけど。


部屋を決めるまでは、「この大学で本当にいいのか、入学辞退してちゃんと勉強しなおしたほうがいいんじゃないのか」などと考えたりしていましたが、部屋を決めてからは不思議と自分に納得するようになりました。
部屋を決めたんだから、もう行くしかないという状況になってあきらめがついたのか、それとももう部屋探しなんてこりごり、なのか…。


ちなみに、家賃は月四万。礼金なし、敷金(=総入居費用)四万。八帖の洋室で風呂、トイレは別。大学から徒歩五分で、目の前にスーパーとバス停があるなど、それなりに便利です。親は寮や下宿に入ってほしかったみたいですが、たしかにアパート住まいだと料理作らなきゃいけなかったり、訪問販売を追い払わなきゃいけなかったり…。


甘ったれの私が一人でやっていけるのか、我ながら楽しみです。


[PR]
by erole_erole | 2006-03-20 02:03 | 日記
<< ぶんぶんぶーん | 時雨殿 >>