トップ

20過ぎるまでがんばれませんでした
by erole_erole
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク集
最新のトラックバック
敷金
from 俺のうしろ姿でないてね
天罰?
from ニュースにツッコむblog
無料メールポータルサービ..
from 無料インターネットサービス日記
神を呪った女性、睡眠中に死亡
from (・ω・)
【ケニヤ】神を呪った女性..
from usocha
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
勝負だ今~燃えろ~♪

先ほどの記事で話題に出した「ガチャフォース」ですが、なにやらカプコンファンクラブでガチャフォースへの「熱い思い」をぶつけよう、という企画がやってるらしいですよ。(カプコンに一言!のコーナー)


その中で特に目立ってリクエストが
多いタイトルがありましたので、ご紹介します。


それは・・・『ガチャフォース』!!!


というわけで、みなさんからの熱いご要望におこたえして、
次回、久々に募集するタイトルは『ガチャフォースに言いたい』です。


全国のGFコマンダーのみなさん!
是非、このゲームの面白さを他のみんなに伝えてあげてください。
みなさんからの熱いメッセージをお待ちしています。


ふふふ・・・どうやら奴らが暗躍したらしい。「特に目立ってリクエストが多い」・・・そうだろうそうだろう。うーん懐かしい。あいつら今頃どうしてるかなぁ。


さて、こんな企画が立ったからには参加せずにはいられません。明日は授業もロクに聞かずメールの文章を考え続けることでしょう!


以前、このゲームと同様にものすごく熱中したゲームがありました。GC唯一のミリオンヒットソフト(だった気がする)、「大乱闘スマッシュブラザーズDX」です。このゲームの前作となるN64ソフト「ニンテンドーオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ」が発売された当時、私は小学5年生でした。(しみじみ)
入手したのは発売の約9ヶ月後の誕生日でですが、それまでに長いこと友達と遊んだものです。泣いたり笑ったり。ゲームでここまで感情が動いたのは初めてだったと思います。





で、その年の9月についに我が家もインターネット開通。DIONのコミコミなんとかコースでした。本に書いてあった任天堂ホームページのアドレスを慣れない手つきで打ってみたり(スタートページ設定されるようになっていたDION、初心者の誰もが訪れるYahoo!Japanを覗けば任天堂ホームページが私の生まれて初めて訪れたホームページでした)、通信設定が間違っているためページを表示できないとは知らず、ただぼーっとブラウザのプログレスバーが少しづつ増えてゆく(なんであれ、増えるんですかね?)のを見ているだけだったこともあります。
それで、任天堂ホームページで見つけたのがスマブラ拳。ゲーム自体素晴らしい物だったのに、このページのおかげで更にスマブラがまた一つの思い出を作っていきました。友達に、このホームページの内容を要約して印刷し、プレゼントしたんです。(たしか、修学旅行の時だった)いやあ、このページは本当に懐かしい。「受け身」なんて知りませんでした。「フレーム」という難しい(当時はね)用語も使われていました。まさに百科事典を読んでいるかのような楽しさがそこにありました。


また、スマブラがここまで私の心に刻まれている理由としてもう一つ挙げられるのが、「スマブラ隊」の存在です。私にとっての「インターネット」とは、しばらくの間このサイトを示していました。私は「うちわふうせん」というHNで、思いっきり暴れまわりました。皆さんどうもすみませんでした。素晴らしく常識のないガキだったので。今から考えると本当に恥ずかしいです・・・。よくこんな奴を暖かく受けいれてくれたな、とつくづく思います。
「スマブラ隊」は、BBSとCHAT、リンク集、それに隊員名簿があるだけのシンプルなページでしたが(一時期は箱庭諸島を初めとしたテンプレートなCGIゲームも多数ありました)、そこを軸としてたくさんのサイトが存在していました。人も多く、私にとってはとても大きな存在でした。現在私が管理放棄した(すみません)ページがありますが、そこの常連さん(今でも時々来てくださります)も、スマブラ隊の時の知り合いです。たまに荒らしが来たり、ネチケットにうるさい人がいたりと、まさにコミュニティ系サイトの代表みたいなものでした。


今は、もうスマブラ隊は存在しません。他のサイトも、もう残ってないんじゃないかなぁ。(そもそもサイト名忘れてしまった)でも、ここまで私をパソコンへ熱中させたのはこのページの存在でした。ここのチャットで、タイピング速度は上がっていきましたし。あの人たちは、もう大学生や社会人になってしまったんだなぁ・・・


えぇと、何の話でしたっけ。スマブラ拳のDX版が、「速報スマブラ拳!!」です。何気なくスマブラ拳を見に行ったときに見つけたときは胸が躍るようでした。なにせあの完成度の高いスマブラの続編など、出るはずもないと思っていましたから。
「速報」というのは、名の通り当時DXの開発状況をじわじわ知らせていく形をとっていたものです。


2001年5月に開設、2002年2月に
更新を終了しております。


この期間は、自分にとってとても濃密な時間を過ごした気がします。まさかあれがたった9ヶ月の間の出来事だったとは・・・今知りました。
実は、ここの「アンケート集計拳!!」に自分のコメントが載っております。どこにあったかな・・・たしか発売前だったと・・・
それと、7月頃に募集されたスマブラDXのプロモーションビデオに応募したところ、なんと当選してしまいまして・・・(100人のなかの一人に選ばれてしまった!!)もちろんテープが擦り切れるほど見ました・・と言いたいところですが、せいぜい二十数回でしたかな。30分くらいのテープだから、見た時間はせいぜい10時間といったところか。それでも期待に胸を膨らませていました。初めてオープニングを見たときは、本当に涙が出るかと思ったほどです。懐かしい・・・


ものすごく話が逸れてしまいましたが、ガチャフォースも、スマブラには及びませんが、最近では最も熱中したゲームです。メインゲームを現在7周クリアしています。あのルイージマンションでさえ4週止まりだったのに。このゲームも、ゲーム自体が素晴らしいものですが、インターネットも強く関連してきました。嗚呼あの頃は・・・
ですので、今から必死に文章を考えておきます。〆切は27日だそうで。皆さんもどうですか?やったことなきゃ無理だけど。


公式ページからは、スタッフの熱意がひしひしと伝わってきます。決して子供向けと侮るなかれ。
正直、一周年記念の時にリアルタイムで見つけられなかったのが本当に悔しい。
ガチャフォース公式ページ


[PR]
by erole_erole | 2005-04-24 22:44 | ネット関連
<< タイムマシンは実在した! | お金で買えない価値がある >>