トップ

20過ぎるまでがんばれませんでした
by erole_erole
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク集
最新のトラックバック
敷金
from 俺のうしろ姿でないてね
天罰?
from ニュースにツッコむblog
無料メールポータルサービ..
from 無料インターネットサービス日記
神を呪った女性、睡眠中に死亡
from (・ω・)
【ケニヤ】神を呪った女性..
from usocha
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タイムマシンは実在した!

大げさなタイトルですが、それくらいの価値はある大事業だと思います。
ご存知の方が多いでしょうが(何を今更、と思う方が多いと思います・・・すみません)、私は今日まで詳細を知りませんでした・・・。(掲示板などで使われるのをみて、「なんだろこれ」と思ってたくらいで・・・)


インターネットの世界でのタイムマシンと言えば、ズバリInternet Archiveでしょう。いや、正確に言うとこれは「世界最大のインターネット図書館」という位置づけで、この中の「Wayback Machine」というサービスが、正にタイムマシンと呼べるものです。


Wikipedia


Internet Archiveの「WayBack Machine」、収録Webが400億ページを超える -Internet Watch
400億ページ・・・世界中のページをかき集めてるのだから、当然といえば当然だけど・・・どこに保管してるんだろう。


今日初めてこのサービスの全容を知った愚かな私は、しばらく使ってみた後、あまりの懐かしさに涙が・・・
なんでもっと早くこれの存在に気づいていなかったんだろう、と後悔しています。あの頃の思い出が、ほんのり甦ってきます。小6から現在で約五年半、インターネット上で過ごした時間は決して無駄ではなかった!!・・・と論点のすり替えはなしにして、これは本当にすごいものです。
掲示板などのデータもそっくり残っているため、生々しいやりとりも確認することができます。正直昔の自分の書き込みは、痛い
ただ、もちろん書き込むことはできないので、なんとなく心にぽかんと穴が開いたような気分にもなりますが・・・卒業アルバム(というより卒業文集)を読み返しているときの切なさと同じような感じです。


1996年からずっと、世界中のページをかき集めているwayback Machine・・・
この存在は大きいですね。なにせ、インターネットのデータが半永久的・・・とは言い切れませんが、残ってしまうのです。自分が書いたくだらない書き込み、ケンカのやりとり、恥ずかしいホームページ(笑)・・・。当然いくらかの人は、この取り組みに対しネガティブにとらえているようです。(これについてはこちらのサイトがとても興味深い事を書かれています。「ウェブ・アーカイビングについて考える」)
まあつまり、現実世界同様、インターネット世界でも発言は気をつけろよ、ってことでしょう。そこらへん勘違いしている方が多いと思います(かくいう自分も・・)。そもそもインターネットというのは全世界から情報を送受信しているわけで、その場の一員になるということは、もちろんそれなりの責任が伴うわけです。会社の同僚と語っているのではありません。(例え同僚しか見ないものだとしても)インターネットは、世界を相手に大演説をしているようなものです。気分だけなら大統領、だなぁ~
「匿名掲示板」など、今までの世界にはなかった全く新しい形のコミュニケーション手段が次々生まれていますが、現実からは逃れられないようです。
ブログで、文句や愚痴ばかり書いている人もいらっしゃるようですが、それはオフラインの日記帳に書けばよろしい。居酒屋で愚痴を言い合うのとは違います。あなたの日頃の鬱憤を晴らすために、この広大なネットワークが存在しているわけではありません。そう考えると、ブログなんてものは・・・
HTML直打ちでWebページを作る、なんてことができなかった人でも、ブログというシステムならとても簡単にネットデビューができます。トラックバックなんておいしい機能まであったり。
それでも、世界を相手にしていることを忘れないでください。ネットは怖いところです。自分の日記帳が遠い未来にまで残るなんて、清少納言みたいな目に遭ってしまうんですよ。


以上、鏡に向かって語る私でした。


さて、ここでWayback Machineを使って有名サイト巡りを致しましょう。





2001年1月6日当時のwikipedia日本語版
今ではあんなに巨大なサイトになっているwikipediaも、最初は文字コードの設定にいろいろ四苦八苦していたようです。


1997年1月28日当時の任天堂ホームページ
当時、これだけ大量の画像を表示し終わるのに何分かかったことでしょう。私が始めてアクセスした日のは・・・ないみたいですね。代わりに2000年3月2日のものを。うーん、画像は崩れてますが、とにかく大量に使ってるでしょ。カードヒーロー特集ですね・・・懐かしい。カードヒーローの音声が出るボタンを連打して生まれて初めてのフリーズを経験したことを思い出しました。


お次はgoogle。
2001/04/20当時
2001/06/29当時
2002/08/02当時
2003/01/22当時
2003/07/26当時
素晴らしい。全く変化が無いようで、少しずつ進化していくグーグルトップページ。おちゃめです。最近はロゴがシーズンに合わせて変化したり、なかなか楽しいです。


1997年10月9日当時のVector
1997年6月30日当時の窓の杜
昔の窓の杜はおしゃれだったんですねー。Vectorも、現在とは随分雰囲気が違います。


1996年11月11日当時のMicrosoft Japan
うひゃー!「マイクロソフト株式会社へようこそ」は渋いなぁ~!


1996年11月12日当時のニフティーサーブホームページ
私はパソコン通信というものを体験したことがありませんが、昔はこのニフティーサーブが大いに流行ったそうですね。まだパソコンが「子供のおもちゃ」になっていなかったのもいいことかもしれない・・・

Netscape2.0以降かHTML3.0対応のブラウザの使用を推奨します。

なんと、IEの名前がない!!いい時代ですね。


最後に、Internet Archive自身のものを。1997年1月26日当時。
最初の頃はこうやって、ずっと日の目を見るのを待ってたんだね・・・


えー、本来こういう風にブログのネタにするような下品なことはするべきではありません。なにせ製作者にとっては懐かしくもあり、恥ずかしくもあるのですから。
だから、各社のみなさんすみません。
そして、この私の馬鹿な文章も未来のために保存されるのね・・・私はむしろ嬉しいですけどね!


[PR]
by erole_erole | 2005-04-25 23:07 | ネット関連
<< USENのパソコンテレビ「Gy... | 勝負だ今~燃えろ~♪ >>