トップ

20過ぎるまでがんばれませんでした
by erole_erole
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク集
最新のトラックバック
敷金
from 俺のうしろ姿でないてね
天罰?
from ニュースにツッコむblog
無料メールポータルサービ..
from 無料インターネットサービス日記
神を呪った女性、睡眠中に死亡
from (・ω・)
【ケニヤ】神を呪った女性..
from usocha
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
人間が作り出したもの

ちょっと気になるエントリがあったので自分の意見を書きたいと思います。


人における支配の論理

人間社会が間違っている根本のシステムはお金だと私は思っています。
確かにお金が我々の知識を全体的に向上させてくれたかも知れません。
しかし、このお金という概念さえなければ我々は自然と共に暮らせたかもしれません。
勿論、お金がなけば、今あるアニメやPCなどといった人類の宝といったものは登場しなかったでしょう。
ですが、この地球には不必要なものです。


環境についてあまり関心のない私が口をはさむべきではないかもしれませんが、貨幣流通制度というのは人間にとってはものすごく革新的な発明だったと思いますよ。


今日NHKのドキュメンタリー番組で、湿地に生きるライオンの姿が映し出されていました。
ライオン他、人間以外の動物たちは、基本的に非常に不安定な生活を送っています。
例えば、湿地とはいえ、アフリカの乾季の中で動物たちは、限りある水や食料を探し歩かなければなりません。そうやって、いつ死ぬか分からないギリギリの状態で命をつないでいます。
人間も昔はそうだったでしょう。
集団生活とはいえ、非効率的な狩猟生活を送り、厳しい自然で生き抜いていたことと思います。
で、生活を効率的に営むために仕事を分担するようになりました。同じ集落の中だけなら均等に分け合えばいいだけの話ですが、例えば魚ばかりとってしまい、隣の村の果物と交換するとか、そういうやり取りが生まれていき、やがて物々交換から1クッションおいてさらに効率的な流通を行えるようになった、それが貨幣制度です。


昔は中央政府の機嫌によって貨幣価値が激しく変動したり、頼りにならないこの仕組みでしたが、今では立派な社会システムとして確立しました。
今日社会全体が、もちつもたれつで成り立つ、一つの大きな「群れ」としてまとまっているのも、このシステムのおかげなのです。
もちろん、このシステムは様々な論議を発生させました。資本主義、社会主義といったもので、やがて思想の対立を生み、戦争の引き金にもなるものとなってしまいました。
資本主義社会の現代では、金ほしさの犯罪が後を絶ちません。
しかし、それは今日の成功の大きさに比べれば、小さな影のようなものです(もちろん無視することはできませんが)。
その小さな影のために、貨幣制度はクズだ、即刻取り去るべきだ、などと主張するのはおかしな話です。


上のエントリとは、論点が違うので、反論にも何にもならないダメな主張ですが…。
上の方は、地球環境保護の観点から、そもそも人間社会の発展の仕方が間違っている、と主張していらっしゃるのでしょうか。
たしかに、地球環境に現在の文明がおよぼす被害というのは、とんでもないものですからね。映画「マトリックス」で、エージェント・スミスが人間を地球に巣くう「ウイルス」と言っていたのは、すごく的を得ていて印象的でした。


でも、この大自然は人間ごときに破壊できるようなものとも思えませんがね。
長期的にみれば、現在の人間の地球に対する影響力なんて、実際は蚊ほどもないんじゃないですか?例え核戦争が起こって、あらゆる生命を奪い、全人類が絶滅したとしても、2,3万年ほどたてば自然は何事もなかったかのように復活しているような気がします。


あぁいや、だからといって環境破壊を存分にすればいいとかそんなこと言ってるんじゃなくて・・・。
結局、今人類が叫んでいる「環境保護」っていうのは、とどのつまり環境破壊によるしっぺがえしを食らいたくないだけなんですよ。だから保護する。と同時に保護される。
ま、種を生き延びさせたいのなら、自然は大切にしましょうね。
しょせん人間は自然には逆らえませんから。


[PR]
by erole_erole | 2005-05-16 23:03 | ぼやき
<< PIKLO Software始... | やってくれましたねWMP… >>