トップ

20過ぎるまでがんばれませんでした
by erole_erole
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク集
最新のトラックバック
敷金
from 俺のうしろ姿でないてね
天罰?
from ニュースにツッコむblog
無料メールポータルサービ..
from 無料インターネットサービス日記
神を呪った女性、睡眠中に死亡
from (・ω・)
【ケニヤ】神を呪った女性..
from usocha
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:任天堂( 5 )
時雨殿

先週の土曜日の話になりますが、大学見物の名目で京都へ行ってまいりました。実質的には家族での京都日帰り観光旅行でした。


肝心の大学は試験中で入れなかったので早々に切り上げ、京都見物に。
小学校の修学旅行以来六年ぶりに映画村を見物した後、気になっていた「時雨殿」へ。


私の頭の中では京都=任天堂ですが(笑)、その任天堂のサイトのホームページで、だいぶ前から宣伝されている時雨殿。今年一月にオープンしたばかりだそうです。小倉百人一首をテーマにした施設です。質の良いトランプなどを作ることで有名な任天堂ですが、かるたもその任天堂の商品の一つです。
事前に、DSを「時雨殿なび」として何かに使う、という事だけは知っていましたが、期待と若干の不安を胸に、見にいきました。



More.....
[PR]
by erole_erole | 2006-03-15 23:11 | 任天堂
おいでませ

私はニンテンドーDSを持っていません。非常に欲しいのですが、受験を控えているという事と、小遣いをすぐに使ってしまう癖がある事により購入できません。前者はあまり関係ありませんが


母が持っているのですが、やはり受験を控えているという理由で触らせてもらえませんでした。当然です。


ところが、サンタさんが妹に「おいでよ どうぶつの森」を届けてくれてからは、私もちょくちょくDSに触らせてもらえています。
GC版の「どうぶつの森+」を、母に必死に布教した甲斐があったというものです。


その、シリーズの前々作になる「~+」では、いろんな思い出を作りました。購入当時、私は中学一年生。少しづつ現実を味わい、絶望していく中で、ほんのりゆとりを与えてくれるゲームでした。当時では、こういう「目的なしゲーム」はほとんどありませんでしたので斬新でしたし、なにより急かされないのが気持ちいい。(どうぶつの森にも、ある程度の指針としてノルマやコンプ要素などはありますが、決して強制されるものではありません。)


現実世界では、いろいろ面倒なことばかりですが、どうぶつの森では食わなくても生きていけるし(食うこともできます)、他人とのつきあいは自分の好みに応じて自由にやればいいし(ただ、現実と同様に愚痴は言われます)、お金は簡単に稼げるし、部屋の模様替えは簡単だし、ゴキブリを踏んでも気持ち悪くないですし。さらに、イベントも盛りだくさん。このような理想世界を疑似体験できます。


不思議なことに、この世界でのんびりすると、現実世界でも気力が湧いてくるんですよ。いわゆる現実逃避ゲームではないように思います。理想世界だけど、現実と絶妙な距離を取っているんです。


今作の話に戻しますが、今回はなんとWi-Fi通信によるオンラインでのおでかけができる!そうです。
今週の日曜日から始めたのでオンラインはおろか、その他の詳しいことも分かっていないのですが、前々作とは随分変わりましたね。


まず、いわゆる「ゼルダスクロール」形式のマップからドラム式のマップになったこと。これは驚きました。これによって住民の行動範囲が広くなり、マップは分かりづらくなりました(笑)。小さい惑星をくるくる回っているような感覚で楽しめますね。ループはしませんが。
次に、やはりニンテンドーDS独特のタッチペン操作や、上画面の使い方。私はこのゲーム、というかDS自体にまだ慣れていないので(慣れなければいけないほど難しい操作ではないですけどね(笑))、拙いペンさばきで苦労していますが、いざというときにはもちろん従来のボタン操作もできますし(デザイン作成はペンよりボタンのほうが操作しやすいという逆説的な感想も持ちました)、ペンでタッチ・スライドして物事を感覚的に処理できるのは楽しいです。釣りなど、いっそう面白くなった気がします。


その他にもいろいろな変更点があるそうですが、自分で確認したわけではないので割愛します。複数のプレーヤーがいる場合でも一つ屋根の下で共同生活しなければならなかったり、どうぶつが外出中の時には例え家の近くをうろついていても中を覗くことができなかったり、といった不満も少しありますが、今は素直にこの新たな理想世界の到来を歓迎したいと思います。


さてさて、もう発売から一ヶ月経ち、某画像掲示板での熱も冷めつつありますが、やっぱりWi-Fi通信してみたい!
というわけで、私は「ニャー」村の「ゲルィラ」、ともだちコードは「0859-6112-9338」です。
もしよかったら、あなたのともだちコードも教えてください。新参者で何の土産もお持ちできませんが、楽しめたらなと思います。


[PR]
by erole_erole | 2005-12-27 23:29 | 任天堂
任天堂の携帯サイト

任天堂が、携帯サイトをオープンしていたようです。
PC用サイトはずっと昔から存在していたのに対し、以前どせいさん画像を配布したときなどを除いて携帯に対しての積極的キャンペーンは、そんなにしていないと思っていましたが。
「任天堂モバイル」いよいよオープン!


わざわざ赤字で「ゲームを配信する予定はありません。」と書いているところにプライドを感じさせます。以前、ニンドリかなんかで「携帯電話は携帯電話。ゲーム機じゃない」と仰っていましたからね。少し昔ですが、ゲーセンの中でわざわざiアプリをやっているテレビCMには違和感を感じたものでした。ゲーセンでDSやるのもおかしいといえばおかしいですけど…


10月18日より開始していたようです。全然気づきませんでした。詳しいことがこちらのブログ(N-Styles)に書かれていますので是非ご一読を。
どうやら、一部のゲームメーカーがやっているように、新作ソフト情報の他、着メロや壁紙の配信を有料(一部無料)で行っているようです。月額210円。


ファンからは、期待はずれにいささかがっかりする声も出ているようですね。でも、そこはそこ、任天堂の雰囲気があっていいじゃないですか?
女の子は、ちょっと不器用なくらいのほうがかわいいでしょう?
…なんか違うか。


壁紙は無料なので是非ダウンロードしてみて下さい。ただ、240x240でQVGA機種にはイマイチですが。


http://nintendo.jp/


[PR]
by erole_erole | 2005-12-13 22:57 | 任天堂
Revolution(仮称)とか@E3

私が中間考査で問題用紙をぼーっと眺めている間、アメリカでのゲームの祭典E3が開かれていたみたいですね。
もちろん、私が気になるのは任天堂ブースですが、例の新ハードを含め、いろいろなものが発表されていたようですね。


任天堂・E3ページ


【レポート】E3 2005 - 任天堂がゲームボーイミクロを発表、Revolutionの詳細も(毎日コミュニケーションズ)


やっぱり気になるのはRevolution(仮称)…とはあまり言いたくありませんね。
ハードがどうたらなんて、消費者の我々にとってはどうでもいいことですし。
でも、やっぱり気になるなぁ…


■スペック
 512メガバイトの内部フラッシュメモリ、ワイヤレスコントローラ、二つのUSB2.0ポート、内蔵Wi-Fiアクセス装置により、手軽で快適なゲームプレイ環境を実現します。IBMと共同で開発する”ブロードウェイ”というCPUとATIが準備する”ハリウッド”というグラフィックチップが、今までは実現不可能だったレベルのゲーム体験を提供します。またSDメモリーカードスロットにより、内部フラッシュメモリを拡張できます。


聞くところによると、PS3っていうのも無線コントローラだそうですね。
十字キー、3Dスティック、振動パック、ウェーブバード…みんなパクっていってしまうのね。
別に、そういう業界だからいいけど。


USBポートとか、何に使うんでしょ?ハック機器が登場しそうな予感。GCは強固なセキュリティだったけど、それでもブロードバンドアダプタの存在でその防壁が破られちゃったし、もう諦めてる節があるかもしれませんね。
そうして、低級PC雑誌が嬉しそうにそれを記事にする…素晴らしい金の巡り方ですな。


フラッシュメモリ…GBAとかみたいに、ダウンロードプレイができるのかなぁ?
私の浅知恵じゃ全然分からんです。


文句ばっか言ってないで、次の項目を見てみると・・・


■バーチャル・コンソールおよび下位互換性
 ゲームファンを喜ばせた20年の歴史へのアクセスを、ダウンロードを通じて実現します。ニンテンドウ64やスーパーファミコンのゲームばかりだけでなく、ファミコンのゲームさえも遊ぶことが可能になります。また専用ディスクを用いて、ニンテンドーゲームキューブのすべてのソフトが使用可能です。


スゴイ。これはすごいですよ。本当ですか!!
今から、部屋のどこかに眠っているはずの、昔の名作たちを探し出さなけりゃなりませんな。


…と、思ったら部屋の隅から引っ張ってくる必要はないのね。
Revolutionは上位互換あり。(ITMedia)


また、岩田社長からは「Revolutionは、バーチャルコンソールとすべく開発してきた。64、NES向けに制作された20年にわたるゲームソフトを、ダウンロードで提供する」という驚くべき発言も飛び出した。ニンテンドーゲームキューブ向けのタイトルは、そのまま利用できる。


なるほど、最近流行りのダウンロード販売…
無線でネットにつなげるらしいし(でも我が家に無線LAN環境はないから準備しなきゃな)、時代の流れに沿った戦略ですね。今まではむしろ先取りしすぎていたからなぁ
ま、これもどうせ低級PC誌が「金なんて払う必要はない!!必殺裏テク」とかいうバカまるだしの見出しで自慢げにエミュの紹介したりするでしょうけどね。本当に彼らは他人のふんどしで相撲を取るのが好きですね。


低級PC誌について、思うことがあるのだけど(特にあの雑誌)
それについてはいずれ記事にすることになるでしょう・・・


話が思いっきり逸れました。
Revolution(仮称)の紹介はこの程度にして(長い!)、気になるソフトを紹介したいと思います。


New super Mario Bros.(仮)
なんだ これは(笑)


Battalion Wars(仮)
Battalionとは、「大軍」という意味だそうな。
前々から、気になっているタイトルです。この度、名前が変わったようです。


Geist(仮称)
以前「Touch!DS」のイベントに行った際、友人が面白いと言ってました。


Odama(仮)
おっさんの入浴シーンなんて見たくないがな。
ゲーム自体はシュールな雰囲気で興味深いです。


The Legend of Zelda Twilight Princess(仮)
「風のタクト」のリンクに激怒した一部のファンが暴徒化した(?)せいでこうなったのか。
いや、もちろん悪くはないですが。私は「風タク」の絵の雰囲気も好きですけど。


いろいろと楽しみですね。
かつて、人生に絶望していた私が生きる目的としたのがスマブラDXの発売を待つことだったこともあります。


今は、Revolutionを楽しみに待ちますか。


[PR]
by erole_erole | 2005-05-22 14:14 | 任天堂
お金で買えない価値がある

ネタを探して(勉強しろよ)、Exciteニュースを見て回っていると、こんな古記事を発見。


レベルXこぼれ話「哀愁のバーチャルボーイ」

平日にもかかわらず、大変に混雑していた「レベルX」。往年の名作ゲームが遊べる試遊台はどこも人がついていて、楽しそうに遊ぶ人でいっぱいです。


そんな中、ただ1つ、誰にも遊ばれないゲーム機がありました。そう、それがこのバーチャルボーイであります。


えぇぇ、知らなかったよ!!いいなぁ・・・
バーチャルボーイをスルーするなんて、連中の頭のネジは何本抜けてるんだ?
こんなのがやってるって知ってたら、はるばる(バーチャルボーイのためだけに)東京まで行ってたかもしれないのに!!


バーチャルボーイ・・・知らない方も多いと思います。ゲームというのは、面白い物が必ず売れるとは限らないもので。(逆もまた然りなこの世の中です)
例えば、ここで紹介されているゲームもそうです。ガチャフォースはなにせ「宣伝費も全然出ないので・・・」
任天堂凋落の原因とも呼ばれているこのゲーム機ですが、いかんせん革新的だった。時代を先取りしすぎた。てか任天堂ってそういうの多いですけど。サテラビューとか
十字キーが二つある特徴的なコントローラー・・・今でも覚えています。画面の見方がよく分からなかったり、そもそもテニスのルールがよくわからなかったり(試遊台のゲームがマリオズ・テニスでした)で、いまいちうまくできなかったユーストアでのできごと。未だに覚えていますね。任天堂好きには、一家に一台の勢いで(?)欲しくなる名機です。(マリオクラッシュやってみたい・・)


バーチャルボーイ 公式サイト


バーチャルボーイは目が悪くなりそうという意見をよく聞きますが、実際はむしろ視力が回復するらしいですよ。本当かどうかはしりませんが。確かに、似たような機械が眼科にありますしね。
バーチャルボーイの真実


あぁ、本当にやりたくなってきた。。。ネットオークションでの購入を検討しようかなぁ。


[PR]
by erole_erole | 2005-04-24 21:08 | 任天堂
|