トップ

20過ぎるまでがんばれませんでした
by erole_erole
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク集
最新のトラックバック
敷金
from 俺のうしろ姿でないてね
天罰?
from ニュースにツッコむblog
無料メールポータルサービ..
from 無料インターネットサービス日記
神を呪った女性、睡眠中に死亡
from (・ω・)
【ケニヤ】神を呪った女性..
from usocha
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧
捨て子じゃなかったみたいです

今日、私の血液型がようやく分かりました。A型でした。
生まれてから、17年6ヶ月15日経ってやっと血液型が分かった割には、あまり驚きの要素が少なかったように思います。前々から「お前はA型だな」と親に言われていたもので。


どうせならAB型で「じゃあ誰の子だよ」という展開になってほしかったようなほしくなかったような気もしますが、ひとまず一件落着です。
やっと血液型をネタにしたものを楽しめるよ。


[PR]
by erole_erole | 2005-05-30 21:16 | 日記
みなさまの受信料でお送りする不思議ワールド

数あるテレビ局の中でも、ひときわ異彩を放っているのが「NHK教育」です。
NHK教育なんて、大人の見る局じゃない、と思う方もいらっしゃるでしょう。ところが、この局は実はかなりハイセンスなんです。


民放各局は、視聴率を取るためにせこせことドラマやアニメやバラエティなどを作っています。NHK総合は・・・なんかよくわかりません。
そんな中、独自路線を突き進むNHK教育。その名の通り、小さな子供を対象とする幼児番組、中高生を主な対象とする講座番組、後は誰がターゲットなのかよくわからない通信講座のようなものを行う番組などが中心です。
やはりNHK教育のイメージとしてつきまとうのが幼児番組ですが、幼児以外には全く向いていない番組構成か、というと必ずしもそうではないのです。


例えば、以前放送していた「ハッチポッチステーション」。現在は深夜に再放送されています。
グッチ裕三が、懐かしのミュージシャン達のパロディを面白おかしく演じるシーンが注目されていました。はっきり言って、この番組は対象年齢の幅が広すぎです。幼児から、団塊の世代まで楽しめる作りになっていたように思います。


そして、現在その後番組(って言うんですかね)として放送されているのが「ゆうがたクインテット」。
人形劇と、五重奏コンサートをミックスした作りになっています。わずか10分の番組にもかかわらず、NHK教育ならではの濃い内容が楽しめます。


NHK教育「ゆうがたクインテット」 小粋な曲 リアルに 人形が演奏


クラシックになじみの少ない子どもたちに、しゃれた音楽のひとときを提供しているNHK教育「ゆうがたクインテット」(月―金曜後5・50)。今春、3年目に突入し、クラシック好きの子どもたちを増やすのに一役買うとともに、大人にも大好評だ。昨年末にCD「classics」「songs」の2枚が発売され、楽譜集の発売も予定されている。


取り上げるのは、クラシックを中心に、唱歌や民謡まで幅広いが、演奏は生楽器によるアンサンブル。「多くの幼児番組が似たような音楽構成になっている中、こういう音楽もあることを教えたかった」と近藤康弘プロデューサーは語る。


番組の魅力は、「マツケンサンバ2」の作曲でも知られる宮川の、小粋でいながらどこかコミカルな曲や編曲だ。「教科書に載っているような、誰もが聞いたことがある曲を選んでいます」と宮川。音楽をセリフのように解釈し、戯曲を作る感覚で編曲している。


もう一つ、大きな魅力になっているのが、人形音楽家たちの演奏シーン。“演奏”も完璧(かんぺき)で、楽器もすべて本物だ。人形は、2~3人で1体を操る“文楽方式”で動かしており、弦楽器の場合は楽器本体と弓それぞれに1人配置している。


わー、アキラさんが喋ってるよ(笑)
演奏シーンでは、人形がコミカルながらリアルに楽器を動かします。なんと一体につき2~3人も使っているんですねぇ。


NHK教育は、アニメが良質な事でも有名ですね。いわゆる土曜六時枠に、私が知っているだけでも様々なアニメが放送されました。かの「カードキャプターさくら」も当然NHK教育ですし、あとは「飛べ!イサミ」「あずきちゃん」「コレクターユイ」「七人のナナ」などなど、他多数。懐かしいなぁ…
最近では「MAJOR」が放送されていましたが、あれはどうなんでしょ。「彼ら」にとってはやっぱり女の子が主人公じゃなきゃダメなんじゃないだろうか…


「忍たま乱太郎」や「天才テレビくん」などの長寿番組も、あの時間ですね。普段は影の薄いNHK教育ですが、17:30らへんから急にそのクオリティを上げてくる兆候があります。(子供の頃は16時からパラダイスだったな)


視聴率を特に集めなくてもよいため(?)、狙わない・飾らない番組が制作され、その質は高い。なにか逆説的な、あるいは皮肉のようなものさえ感じますね。民放各局もいっそのこと開き直ってみてはどうですか?金ならあるでしょうに。


NHK教育になら、受信料を払う価値はある。私はそう思っています。


P.S.
これだけ特殊なNHK教育なので、見る人も特殊です(笑)。2chのNHK教育実況板は、どの実況板の雰囲気とも違う独特な雰囲気を持っています。その団結力といったらすごいですよ。この親にしてこの子あり、ということでしょうか。


[PR]
by erole_erole | 2005-05-29 22:20 | ぼやき
わたし、法治国家じゃないもん!

中国のえん罪男性を逮捕した警察官が無実を訴え自殺


以前、この記事に関連するニュースがエキサイトびっくりニュースで流れていました。
拷問による自白の強要などが憲法でかたく禁止されている日本から見てみれば恐ろしい話ですが、まぁ中国では日常茶飯事なんでしょうね。


今回、拷問で有罪が確定した2人の警察官は、河北省の唐山で他の男性に武装強盗をしたと濡れ衣を着せ、懲役2年の刑に処せられた。


2人は容疑者に対して、電気ショックをかけたり、唐辛子の入った水を飲ませたり、一度にボトル10本の水を飲ませたり、イヤホンをかけさせ爆破の騒音を耳に直接流したという。この容疑者リー・ジュミンさんは、2003年11月に死刑判決を受け、執行は2年延期されていた。


シィーさん事件は当初、ほとんど証拠がなく自白は強要されたものだったにも関わらず、死刑判決を受けていた。


簡単に死刑になってしまうのが中国の伝統だそうで。
魯迅の祖父も、汚職で死刑になるところでしたからね(あれは清朝だったか)。


中国の法制度、とくに死刑制度が気になったのでちょっと調べてみました。


中国で死刑になるケースは、殺人、汚職、麻薬売買などで、争いがなく被告人が罪を認めれば初公判で結審することが多い。殺人罪の量刑は「死刑」「無期懲役」「10年以上の懲役」。死刑執行の方法は薬物注射だが、一部銃殺も残る。一審で被告が上訴しない場合、高級人民法院(高裁に相当)が審査したうえで、最高人民法院(最高裁に相当)に指示を求める。高級人民法院が同意しなければ差し戻しとなる。執行命令までの期間は最高人民法院の裁量とされる。最高人民法院が執行命令を出した後、7日以内に原則的に執行しなくてはならない。


中国の死刑制度(Sankei Web)


…ふぅん。
日本では、最高刑が死刑の罪は一部を除いて全て殺人関係で、特に普通の殺人罪では二人ほど殺害しなければ死刑にはまずならないようです。
汚職で死刑になるのなら、政治家が頻繁に入れ替わって効率的かもしれませんね。…まぁ、それゆえに謀略も多々ありそうなのですが。


こちらのサイトに中国で死刑となった例が載せられていました。
日中米、三国バカ裁判(いんちき心理学研究所)


・車を盗むと死刑
 ・象を密漁すると死刑
 ・偽札を作ると死刑
 ・会社のお金を横領すると死刑
 ・麻薬を運ぶと死刑
 ・電線を盗むと死刑
 ・賄賂を受け取ると死刑
 ・裏ポルノを作ると死刑
 ・脱税すると死刑
 ・詐欺を行なうと死刑
 ・ハッキングすると死刑
 ・墓荒らしをすると死刑


この勢いを日本でも適用すれば、振り込め詐欺だの偽札だのNHK職員の着服だのが全部減って
ニュースの少ない世の中になるかもしれませんね。
ほとんど恐怖政治のようなノリですが。


2chの悪名高いニュース系板では、ことあるごとに「死刑にしろ」とわめく人がいますが、
そういう人は中国に行ってみてはどうでしょうか。日本とは別世界の国へ。
きっとあなたの理想の世界が待っていますよ。


[PR]
by erole_erole | 2005-05-29 14:23 | ニュース
晩飯がおいしく感じる時

いつもいつも情報の遅れたこのブログですが、今回は「Food Force」なるものを見つけてきました。


国連、飢餓救済と人道援助を疑似体験できるゲーム「WFP Food Force」を公開


国連機関のWFPが作ったゲームだそうです。271MBもあったのでダウンロードするのにすこし手間がかかりましたが、ゲーム内容はなかなか面白いものでした。
みなさんもよかったらどうぞ。


Food Force公式ページ


英語なのでよくわからないミッションもありましたが・・・(特に最後の自給自足支援シミュレーションはどうすればいいかわからなかった)
まぁ雰囲気を楽しんでください。基本操作くらいなら見てればだいたい分かります。


しかし、堅苦しそうな団体がゲーム作っちゃうなんて(しかもけっこう本格的に)、外国はいいですね。それに比べて、ゲーム先進国とよばれる日本は、逆にゲームを批判してばかり。皮肉なもんですね。


それでも先日、いちおう警視庁がブラウザゲームを「苦労して」開発していたようですが・・・
どきどきまあちゃんゲーム


…。まあこんなもんでしょう。
もっとも、要所に散りばめられたネタがとても子供向けとは思えない(○年生とか)、と一部の大きなお兄さんたちからは絶賛されていましたけどね。



どうでもいい続き
[PR]
by erole_erole | 2005-05-24 21:18 | ネット関連
ブログ、よく分からんね

ブログの目玉機能に「トラックバック」があります。
イマイチ使い方が分かりません。いや、トラックバックURLを入れればいいっていうのは知ってます。使うタイミング、というか・・・


たまに、ものすごい数のトラックバックを受けているエントリがあったりします。そういう人は、自分からさかんにトラックバックしているようです。
たしかに、普遍的な内容や、ニュースネタならそういうこともできますが、いかんせん私は主観的なコメントが多かったり、「変な」ニュースばかり取り上げたり、あまりうまい記事の書き方ができていません。


かといって、普遍的な内容に、マイノリティの意見を入れてトラックバックするとどんな目にあうか・・・
天邪鬼な私の性格からして、「一般人」と同じ意見は言いません。わざわざ、ブログで他人と意見を合わせる必要もないかな、と。


でも、それでは今のまま、非常に地味なブログとしてやっていくことになる・・・
「十で神童」とGoogle検索するとトップにでちゃうこのブログですが、見に来てくれる人はよくて一日十数人ですからね。


まぁ、のんびりやりますか。


[PR]
by erole_erole | 2005-05-22 14:41 | ぼやき
Revolution(仮称)とか@E3

私が中間考査で問題用紙をぼーっと眺めている間、アメリカでのゲームの祭典E3が開かれていたみたいですね。
もちろん、私が気になるのは任天堂ブースですが、例の新ハードを含め、いろいろなものが発表されていたようですね。


任天堂・E3ページ


【レポート】E3 2005 - 任天堂がゲームボーイミクロを発表、Revolutionの詳細も(毎日コミュニケーションズ)


やっぱり気になるのはRevolution(仮称)…とはあまり言いたくありませんね。
ハードがどうたらなんて、消費者の我々にとってはどうでもいいことですし。
でも、やっぱり気になるなぁ…


■スペック
 512メガバイトの内部フラッシュメモリ、ワイヤレスコントローラ、二つのUSB2.0ポート、内蔵Wi-Fiアクセス装置により、手軽で快適なゲームプレイ環境を実現します。IBMと共同で開発する”ブロードウェイ”というCPUとATIが準備する”ハリウッド”というグラフィックチップが、今までは実現不可能だったレベルのゲーム体験を提供します。またSDメモリーカードスロットにより、内部フラッシュメモリを拡張できます。


聞くところによると、PS3っていうのも無線コントローラだそうですね。
十字キー、3Dスティック、振動パック、ウェーブバード…みんなパクっていってしまうのね。
別に、そういう業界だからいいけど。


USBポートとか、何に使うんでしょ?ハック機器が登場しそうな予感。GCは強固なセキュリティだったけど、それでもブロードバンドアダプタの存在でその防壁が破られちゃったし、もう諦めてる節があるかもしれませんね。
そうして、低級PC雑誌が嬉しそうにそれを記事にする…素晴らしい金の巡り方ですな。


フラッシュメモリ…GBAとかみたいに、ダウンロードプレイができるのかなぁ?
私の浅知恵じゃ全然分からんです。


文句ばっか言ってないで、次の項目を見てみると・・・


■バーチャル・コンソールおよび下位互換性
 ゲームファンを喜ばせた20年の歴史へのアクセスを、ダウンロードを通じて実現します。ニンテンドウ64やスーパーファミコンのゲームばかりだけでなく、ファミコンのゲームさえも遊ぶことが可能になります。また専用ディスクを用いて、ニンテンドーゲームキューブのすべてのソフトが使用可能です。


スゴイ。これはすごいですよ。本当ですか!!
今から、部屋のどこかに眠っているはずの、昔の名作たちを探し出さなけりゃなりませんな。


…と、思ったら部屋の隅から引っ張ってくる必要はないのね。
Revolutionは上位互換あり。(ITMedia)


また、岩田社長からは「Revolutionは、バーチャルコンソールとすべく開発してきた。64、NES向けに制作された20年にわたるゲームソフトを、ダウンロードで提供する」という驚くべき発言も飛び出した。ニンテンドーゲームキューブ向けのタイトルは、そのまま利用できる。


なるほど、最近流行りのダウンロード販売…
無線でネットにつなげるらしいし(でも我が家に無線LAN環境はないから準備しなきゃな)、時代の流れに沿った戦略ですね。今まではむしろ先取りしすぎていたからなぁ
ま、これもどうせ低級PC誌が「金なんて払う必要はない!!必殺裏テク」とかいうバカまるだしの見出しで自慢げにエミュの紹介したりするでしょうけどね。本当に彼らは他人のふんどしで相撲を取るのが好きですね。


低級PC誌について、思うことがあるのだけど(特にあの雑誌)
それについてはいずれ記事にすることになるでしょう・・・


話が思いっきり逸れました。
Revolution(仮称)の紹介はこの程度にして(長い!)、気になるソフトを紹介したいと思います。


New super Mario Bros.(仮)
なんだ これは(笑)


Battalion Wars(仮)
Battalionとは、「大軍」という意味だそうな。
前々から、気になっているタイトルです。この度、名前が変わったようです。


Geist(仮称)
以前「Touch!DS」のイベントに行った際、友人が面白いと言ってました。


Odama(仮)
おっさんの入浴シーンなんて見たくないがな。
ゲーム自体はシュールな雰囲気で興味深いです。


The Legend of Zelda Twilight Princess(仮)
「風のタクト」のリンクに激怒した一部のファンが暴徒化した(?)せいでこうなったのか。
いや、もちろん悪くはないですが。私は「風タク」の絵の雰囲気も好きですけど。


いろいろと楽しみですね。
かつて、人生に絶望していた私が生きる目的としたのがスマブラDXの発売を待つことだったこともあります。


今は、Revolutionを楽しみに待ちますか。


[PR]
by erole_erole | 2005-05-22 14:14 | 任天堂
本当にあった怖い話

殺虫剤を散布しまくってネット閲覧していた男性、突然部屋が大爆発するも軽傷


ある男性が殺虫剤を部屋に散布しまくったところ、コンピューターの回路内で微弱電流のスパークが発生して充満していた殺虫剤に引火、大爆発を引き起こしてしまうという事件がドイツで発生した。


マンガとかだとパソコンなどの家電類はちょくちょく爆発しますけどね。
ブラクラの超強化版みたいな。
世の中何が起こるかわからんですね。


[PR]
by erole_erole | 2005-05-22 13:04 | ニュース
携帯から書き込みテスト
キーボードがないので、今日は携帯から記事を書きたいと思います。
めんどいのでタグは使わずに。

国内ブログ利用者300万人超、だそうですね。
なんか、そう考えると私も俗人ですね。ブログなんてバカでもできますから。
これにより、一層自分のページを持つ人が増え、ネットがますます大衆化しました。
それがいいことかは知りませんがね。
日記なんかが半永久的に残っちゃうのか…いいのかな。

今日、ぱにぽにのガイドブックを買ってきました。
私の好きなマンガなんですけど、それについてはパソコンが使える時にお話しましょう。
私はマンガはあまり買ったりはしないんですが、ガイドブックって、なかなかマニアックで面白いですね。

こんなところで書き込みテストをやってみますかな。
パケ代が気になるなぁ…
[PR]
by erole_erole | 2005-05-18 19:46 | @mobile-phone
PIKLO Software始動!(?)

最近のHTMLマイブーム(?)で、勢いでホームページ作っちゃいました。
名づけて「PIKLO Software」です。
その名の通り、自作のフリーソフトを配布する目的のページです。


実は、昔からWeb製作はやってました。ええ、今振り返ると恥ずかしいもんです。しかもそれが残されちゃったりするんです…。
HTMLの記述自体簡単で、しかもワープロソフトと同じ感覚でHTMLファイルを生成できるソフトも当時からいっぱいありました。
Webページって、大切なのは技術やレイアウトじゃなく、製作者の性格(精神年齢)だったりするんだよね・・
ついつい動く機能を使いたくなるものですが、ものすごく見にくくなります。インターネットの基本は文字情報なんですから。
BGMも、今になって考えると、邪魔です。
ここまではいかないとしても、かなりイヤなサイトは多いです。
動かなくても、背景色と文字色の色が近くて範囲選択でもしないと読めないようなものになってたり、サイト構成が分かりにくかったり…


今回のサイトで、私のサイトは四代目ということになります。飽きやすい性格なんですよねぇ…今回はいつまでもつか。
とりあえず、閲覧者に優しいページを目指したいな、と思います。デザインセンスはないし
と、いいつつもやっぱりこだわりたくなっちゃうもので・・・
Javascriptを下手に使って、よく分からない状況になっちゃってます。トップページが2つある、という。
インデックスページを作るべきかどうか迷っています。今までのページはそれがあって(必要ないのに)、コンテンツを回るのに一手間かかっていたおぼえがあります。だから…どうしよう。
Javascriptのページは廃止かな・・・


あ、ちなみにPIKLO Softwareは現在仮オープン状態です。信じられないことに、自作ソフトがまだ置いてありません!
とりあえず、形だけでも作っておかないと、アカウント消されちゃうと思って…さっさと作ります。
一応現在公開できるソフトは二つあります。楽しみにおまちくださいねー。(大したものではないけど)


そういえば、現在中間考査の真っ只中ですが、気にしない気にしない…物理0点かな…


PIKLO Software


[PR]
by erole_erole | 2005-05-17 22:50 | PIKLO
人間が作り出したもの

ちょっと気になるエントリがあったので自分の意見を書きたいと思います。


人における支配の論理

人間社会が間違っている根本のシステムはお金だと私は思っています。
確かにお金が我々の知識を全体的に向上させてくれたかも知れません。
しかし、このお金という概念さえなければ我々は自然と共に暮らせたかもしれません。
勿論、お金がなけば、今あるアニメやPCなどといった人類の宝といったものは登場しなかったでしょう。
ですが、この地球には不必要なものです。


環境についてあまり関心のない私が口をはさむべきではないかもしれませんが、貨幣流通制度というのは人間にとってはものすごく革新的な発明だったと思いますよ。


今日NHKのドキュメンタリー番組で、湿地に生きるライオンの姿が映し出されていました。
ライオン他、人間以外の動物たちは、基本的に非常に不安定な生活を送っています。
例えば、湿地とはいえ、アフリカの乾季の中で動物たちは、限りある水や食料を探し歩かなければなりません。そうやって、いつ死ぬか分からないギリギリの状態で命をつないでいます。
人間も昔はそうだったでしょう。
集団生活とはいえ、非効率的な狩猟生活を送り、厳しい自然で生き抜いていたことと思います。
で、生活を効率的に営むために仕事を分担するようになりました。同じ集落の中だけなら均等に分け合えばいいだけの話ですが、例えば魚ばかりとってしまい、隣の村の果物と交換するとか、そういうやり取りが生まれていき、やがて物々交換から1クッションおいてさらに効率的な流通を行えるようになった、それが貨幣制度です。


昔は中央政府の機嫌によって貨幣価値が激しく変動したり、頼りにならないこの仕組みでしたが、今では立派な社会システムとして確立しました。
今日社会全体が、もちつもたれつで成り立つ、一つの大きな「群れ」としてまとまっているのも、このシステムのおかげなのです。
もちろん、このシステムは様々な論議を発生させました。資本主義、社会主義といったもので、やがて思想の対立を生み、戦争の引き金にもなるものとなってしまいました。
資本主義社会の現代では、金ほしさの犯罪が後を絶ちません。
しかし、それは今日の成功の大きさに比べれば、小さな影のようなものです(もちろん無視することはできませんが)。
その小さな影のために、貨幣制度はクズだ、即刻取り去るべきだ、などと主張するのはおかしな話です。


上のエントリとは、論点が違うので、反論にも何にもならないダメな主張ですが…。
上の方は、地球環境保護の観点から、そもそも人間社会の発展の仕方が間違っている、と主張していらっしゃるのでしょうか。
たしかに、地球環境に現在の文明がおよぼす被害というのは、とんでもないものですからね。映画「マトリックス」で、エージェント・スミスが人間を地球に巣くう「ウイルス」と言っていたのは、すごく的を得ていて印象的でした。


でも、この大自然は人間ごときに破壊できるようなものとも思えませんがね。
長期的にみれば、現在の人間の地球に対する影響力なんて、実際は蚊ほどもないんじゃないですか?例え核戦争が起こって、あらゆる生命を奪い、全人類が絶滅したとしても、2,3万年ほどたてば自然は何事もなかったかのように復活しているような気がします。


あぁいや、だからといって環境破壊を存分にすればいいとかそんなこと言ってるんじゃなくて・・・。
結局、今人類が叫んでいる「環境保護」っていうのは、とどのつまり環境破壊によるしっぺがえしを食らいたくないだけなんですよ。だから保護する。と同時に保護される。
ま、種を生き延びさせたいのなら、自然は大切にしましょうね。
しょせん人間は自然には逆らえませんから。


[PR]
by erole_erole | 2005-05-16 23:03 | ぼやき
|