トップ

20過ぎるまでがんばれませんでした
by erole_erole
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
関連リンク集
最新のトラックバック
敷金
from 俺のうしろ姿でないてね
天罰?
from ニュースにツッコむblog
無料メールポータルサービ..
from 無料インターネットサービス日記
神を呪った女性、睡眠中に死亡
from (・ω・)
【ケニヤ】神を呪った女性..
from usocha
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ぶんぶんぶーん

急に運転免許証がほしくなったので、原付免許を取りにいってきました。


先週の土曜日、ちょうど部屋探しをしているときに、どういうわけかバイク、というかスクーターを運転したいという衝動にかられてしまいまして。運動能力に乏しい私が、本当にどういうわけなのか。
ネットで調べてみて、普通自動二輪AT小型限定(笑)にしようかとも思いましたが、お手軽さでとりあえず原付に。


原付免許は学科試験だけなので、問題集でちゃんと勉強しさえすれば受かる、と思います。
先週の土曜日に問題集を買い、チマチマ勉強して今日の試験に臨みました。正直大学受験より真面目度は高かったような…。


試験は当然試験場で受けましたが、いやあ、やはり高校時代と世界が違います。皆さんファッションとかメイクにこだわっていますね~…。原付免許なのだから年下もいたはずですが、うーん分かりません。一人淋しく受けに来ていたので、かなり威圧されてしまいました。もうすぐ入学する大学の雰囲気も、こんな感じではないかなぁ。


諸々の手続きを終えていざ学科試験へ。と、いきたいところですが私の場合、適性検査の「視力」であわや不適正に…。メガネ掛けてるんですけど…。やっぱりPCと見つめ合いすぎでしょうか。


学科試験は30分、正誤問題46問にイラスト問題2問が出題されます。問題集や、この試験シミュレーションでなかなか合格ラインに達しないので不安でしたが、本番の試験は問題を解くというよりも、どちらかと言うと教訓的な文章に同意のチェックをするというものだと感じました。「原動機付自転車を運転する時は、~~~なので(何パターンか有り)、交通法規を遵守し、安全運転を心がけるようにする。」こんな文章、×を付けようがないじゃないですか。これに似た問題が半分ほどだった気がします。大学入試と違い、落とすための試験ではないのだからこういう問題の方が効果的なのかもしれません。


それでも、私は二問間違えたみたいです…。


さて、学科試験に合格した後は、法定講習を受けなければなりません。ところが、合格者が多い(60人ほど)ためか、ごく簡単なことを教わるにとどまりました。それとも、そんなもんなんでしょうか。しかし簡単な講習にもかかわらず、教官の怒声が度々あがります。私は後の方だったため怒られずに済みましたが、うーん、教官の話は聞きましょうよ…。試験室の方でも(口調は)厳しい試験官で、なんだか中学校時代を彷彿とさせてくれます。もうすぐ入学する大学の雰囲気も……いや、これはちょっと嫌だなぁ。


卒業式の前日に教頭先生が仰っていたとおり、私は高校生活で平和ボケしすぎているようです。その点を確認できたこと、スクーターのスイスイ感、そしてバイクはエンジンスタート時にアクセルを回さなければならないこと、おかげさまでいろんなことを知ることができました。


d0032435_0452946.jpg

こうして、晴れて私も運転免許証を手にすることができました。自家用車が必要以上に普及している日本では運転免許証が身分証明書代わりになっているため、一つの大人のステータスというイメージがあります。免許証に自分の顔が写っているのを見ると、なんだか大人に近づいた気分になれます。


原付免許なんですけどね。


[PR]
by erole_erole | 2006-03-24 00:47 | 日記
さっさと引越し

昨日、大学へ通うための部屋探しに行ってきました。私が入学することになったのは、関東地方の四流…いや、入学前からそんな悪口を言っていては始まらない…三流の国立大学です。試験の前日、ホテルで朝生を見ていたために勉強不足どころか寝不足で、実際試験の出来も悪く「あー落ちたな」と思っていましたが、なぜか受かってしまいました。合格通知書が送られてきてもなんの感動もなかった大学に、なぜ入ることを決めたのか、さっぱり分かりません。



More.....
[PR]
by erole_erole | 2006-03-20 02:03 | 日記
時雨殿

先週の土曜日の話になりますが、大学見物の名目で京都へ行ってまいりました。実質的には家族での京都日帰り観光旅行でした。


肝心の大学は試験中で入れなかったので早々に切り上げ、京都見物に。
小学校の修学旅行以来六年ぶりに映画村を見物した後、気になっていた「時雨殿」へ。


私の頭の中では京都=任天堂ですが(笑)、その任天堂のサイトのホームページで、だいぶ前から宣伝されている時雨殿。今年一月にオープンしたばかりだそうです。小倉百人一首をテーマにした施設です。質の良いトランプなどを作ることで有名な任天堂ですが、かるたもその任天堂の商品の一つです。
事前に、DSを「時雨殿なび」として何かに使う、という事だけは知っていましたが、期待と若干の不安を胸に、見にいきました。



More.....
[PR]
by erole_erole | 2006-03-15 23:11 | 任天堂
右往左往

えー、なんだかんだで卒業することができました。
様々な方々のご厚意のおかげです。どうもありがとうございました。


以前のエントリを書いてから今までに、レポート提出や追認考査、さらに国公立前期試験など、ブログのネタには困らなかったはずですが、ちょっと不都合がありまして、書けずにいました。臆病なもんです。


さて、卒業して暫くは暇なので、のんびり過ごしているのですが、最近どうもネットとの付き合い方が下手くそになってきたようです。


確かに四月からは一人暮らしと大学のスタートという状況で、先に多大なる不安を持つのは当然と言えば当然ですが、不安の持ち方が異常であることと、ネットがそれの解消でなく、増長に働いてしまうことが今の私の抱える問題のようです。


悪徳商法のページを巡っては一人暮らしに不安を覚え、さらに将来就職する会社の心配までする始末。
今日は、ひょんなことからネット左翼のブログに行き着き、なぜかしっかり読んで、腹を痛めていました。こんなこと、今日で何度目になるでしょうか。


インターネットは情報の海です。1を検索すれば10どころか余分なものまで付いてくる世界。少しよそ見をすれば、貴重な時間(睡眠時間)と精神の安定を失ってしまいます。よそ見をしない努力が、私には欠けているようです。


逆に、よそ見をすることで新たな発見があったりするのも事実。情報の海に溺れるか、心地よく漂うか、そのつもりでいつの間にか漂流してしまうかは利用者のセンスにかかっているんですね。まあ当然のことですが。


まあ私自身こんな他愛のないブログを作っている以上、私が好むのは「ぬるい」情報みたいです。昔は、シビれるような過激なものも求めるフシがあり、その流れでVIPに住み着いたりしていたようですが、今はもうすっかり懲りて、「面白ければ、よいのではないでしょうか」という感じのぬるま湯を好む人間になりました。
そんな私には、訪問販売の恐怖とか、逆にそれをする側の苦労話とか、右翼だの左翼だのとか、そういう話は私には刺激が強すぎるようです。眠れなくなっちゃいます。おかげで(そのせいにするのはおかしいですけど)、最近は正午になっても寝ています…。
理想をいうと、適当にサイトを巡れば至るところでささやかな笑いを提供され、ふと思いつきで調べ物をしようと検索するといろんな面白い付加情報が付いてくる、こんな世界があればいいんですけど、まあ私の妄想です。
そういうブログやサイトがある以上、ある企業や芸能人、政治家あるいはプライベートの関係者を猛烈に批判したい人、過激な政治的議論をしたい人、物理世界での憂さ晴らしにとにかく他人をけなしたい人など、いろんな価値観の人がいてインターネットが成り立っているわけですからね。


…確かに、斬新な主張をするわけでもなく、ユーモアのセンスがあるわけでもなく、誰も興味のない私の私生活について、頭の悪そうな文章で書いてある「どうしようもない腐れブログ」だなぁ、と更新をしばし停止していたわけですけど、そういうブログも実は多いんじゃないかなぁと思いまして、それならこのブログも、もうしばらく続けていいんじゃないか、と思い立った次第です。
私が上に書いたような情報を「余分で、体に悪いモノ」と考えているように、この他愛のないブログも、また「余分で、体に悪いモノ」と考える人がいらっしゃることと思います。だからこそ、批判文を頂いたわけです。臆病な私は大いに狼狽し、思わず削除してしまいましたが、私のブログで気分を悪くした人がいらっしゃるのであれば、やはり私は相応の責任を取るべきだったのでしょう。


とりあえず見切り発車で再開させていただきますが、不都合があれば、また批判文をください。大人しく閉鎖いたします。


かなり自己弁護的な、うっとうしい文章で申し訳ないのですが、残念ながら私の知能ではこの程度の釈明しかできません。


[PR]
by erole_erole | 2006-03-06 03:04 | ブログ
|